ローンカードの利率?金利?年率?何のこと?

キャッシングやローンカードを利用するときには金利の比較を忘れるな、どこの金融情報を見ても同じように書いてあるものです。
しかしキャッシングを比較しようと公式ホームページを開いてみるとそこには金利としての記述がないこともあります。
一体どういうことなのでしょうか。
金利と呼ばれることが一般的ではありますが、業者によってはそれは借入利率や実質年率、借り入れ年率と呼び方はさまざまとなっています。
それでも同じ金利という意味に違いはありません。
消費者金融と銀行では金利に大きな違いがあります。
消費者金融の金利は下限はばらついているものの上限は一律ともいえるほどに18.0%となっています。
学生の借り入れでは過去にキャッシングの履歴もなく実績も信用もありませんので上限となる金利、18.0%が適用されることになるでしょう。
一方銀行の金利は、下限にも上限にもばらつきがあります。
金利の違いが銀行の違いと言ってもいいほどです。
銀行金利は融資限度額によって決められますが、そのすべては銀行が独自の判断で行うことができます。
例えば10万円までの借り入れなら18.0%にしても、15.0%にしてもそれはその銀行の自由であるということです。
金利は大きな影響を与えるものではないこともあります。
借り入れ金額に応じることも、借入期間に応じることもありますので最低限の借り入れに抑えることは重要です。
金利の仕組みを知り、利息を抑えていきましょう。