消費者金融から銀行のカードローンへ借り換え

個人でお金を借りる事が出来る場所には、消費者金融と銀行が行っているキャッシングの2種類があります。どちらも融資プランに申込みをし、審査に受かる事が出来たらお金の融資を受ける事が出来るのですが、融資を受ける事が出来る限度額に違いがあるのです。新しく改正された金融業法ですが、総量規制と言うものがあります。

この総量規制の内容と言うのは、融資できる金額を年収の3分の1までに制限するものです。そしてこの金融業法は、消費者金融のみに適用される内容となっています。つまり、銀行からの融資にはこの総量規制は適用されないのです。その理由は、銀行が行っている融資が会社の運営費だったり住宅ローンを目的としていた為、この規制が適用されなかったのです。

これにより、消費者金融と銀行のキャッシングに大きな差が生まれています。消費者金融は貸したくても貸す事が出来なくなり、消費者金融から借りる事が出来なくなった人でも、銀行のカードローンには申込みが可能な訳です。よって、この規制が出来てからは、消費者金融から銀行のカードローンへ借り換えを行う人が、増えているのです。

なぜ金融業法が改正されたのかと言うと、消費者金融は審査が通りやすい部分があった為、複数の金融会社から融資を受けてしまう人が増加したのが理由です。このような人の事を多重責務者と言いますが、この多重責務者を増やさない為に、改正が行われました。実際に改正された時から多重責務で苦しむ人は少なくなり、銀行のキャッシングに借り換える事で、毎月の手数料が少なくなる人も多くなったのです。

カードローン借り換えのメリット

カードローン 借り換えとは、金利が高いカードローンから借りているお金を、金利が安いカードローンで借りたお金で返済して、返済にかかる金利を減らすことです。また数社から借りているお金を、低金利のカードローンに一本化もできます。

一本化すれば管理が楽になります。借り換えを行う際は低金利で最大限度額が高めの所を選びましょう。しかし借り換えをしても支払い期間が長くなれば、金利が安くても総支払額は高くなることもあるので注意しましょう。

借り換えは事故にはなりませんので安心です。また借金は少ない額が多数ある状態よりも、大きな金額が一つある方が信頼性は上がります。ただまとめた方がメリットがあるかどうかは人それぞれなので、慎重に検討しましょう。

任意整理をすると5年間記録が残りますが、借金をまとめてその支払いが5年以上かかるのであれば任意整理の方がメリットがあります。借金の量が多すぎておまとめローンを断られた場合も、専門家に相談された方が良いかと思われます。

銀行系のカードローンであれば総量規制対象外ですので、借金がたくさんある方も一度申し込んでみてはいかがでしょうか。時折一本化して生活が楽になると、お金の使い方が荒くなる方がいらっしゃるようです。一本化して支払い総額が減っても気を引き締めて生活をしましょう。

銀行のカードローンを消費者金融と同じと考えていらっしゃる方がいますが、全く別の業態です。低金利で審査もそれほど厳しくはありません。銀行によっては即日融資も可能です。