学生でもカードローンは利用できる?

カードローンを利用するにあたって、年齢制限は法律上存在しており、20歳未満の方ですとカードローンを利用することは、残念ながら難しい話です。法的な手続きを取ることにより、両親の同意などがありますと利用が可能になることもありますが、そうなりますとキャッシング会社としても手間がかかるため法律とはまた別にそのキャッシング会社の制限として年齢制限を定めていることは少なくありません。
以上のようなこともあり、20歳以上の学生、つまりは大学生が対象となりますが、大学生であってもフリーローンの利用は可能です。ただし、アルバイトで少なからず安定した収入があることが前提となりますのでご注意ください。
大学生の方がカードローンを利用しようと思ったときには、まず、「アルバイトやパートの方でも融資できます」といったことを明記しているキャッシング会社を選ぶことが大切です。特に学生でも可としているキャッシング会社であれば、融資希望額にもよりますが、大学生であっても利用しやすい(審査に通過しやすい)キャッシング会社である可能性が高くなります。
そのようなキャッシング会社であっても審査に落ちてしまうというようなことであれば、融資希望額が少々高い設定になっているのかもしれませんので、こちらを調整してみてください。
また、近年では、学生を専門としたキャッシング会社も増えてきています。特に都心に多い傾向ではありますが、学生専門キャッシング会社ですと、学生向けならではのプランや特典も多いので、重宝することでしょう。

ローンカードの利率?金利?年率?何のこと?

キャッシングやローンカードを利用するときには金利の比較を忘れるな、どこの金融情報を見ても同じように書いてあるものです。
しかしキャッシングを比較しようと公式ホームページを開いてみるとそこには金利としての記述がないこともあります。
一体どういうことなのでしょうか。
金利と呼ばれることが一般的ではありますが、業者によってはそれは借入利率や実質年率、借り入れ年率と呼び方はさまざまとなっています。
それでも同じ金利という意味に違いはありません。
消費者金融と銀行では金利に大きな違いがあります。
消費者金融の金利は下限はばらついているものの上限は一律ともいえるほどに18.0%となっています。
学生の借り入れでは過去にキャッシングの履歴もなく実績も信用もありませんので上限となる金利、18.0%が適用されることになるでしょう。
一方銀行の金利は、下限にも上限にもばらつきがあります。
金利の違いが銀行の違いと言ってもいいほどです。
銀行金利は融資限度額によって決められますが、そのすべては銀行が独自の判断で行うことができます。
例えば10万円までの借り入れなら18.0%にしても、15.0%にしてもそれはその銀行の自由であるということです。
金利は大きな影響を与えるものではないこともあります。
借り入れ金額に応じることも、借入期間に応じることもありますので最低限の借り入れに抑えることは重要です。
金利の仕組みを知り、利息を抑えていきましょう。